イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

◆ ソフトファニシングのカリキュラムの中で、ファスナーを使う作品はたくさんあるので、教室備品として準備してあります。皆さん、自由な長さでカットできるように「巻き」の状態での在庫。 仕入れ時に引き手(スライダー)部分をセットしておいてください、とお願いすると価格が高くなるので、定期的に自分でセット(内職!?)するようにしています<苦笑>。

 

このセット方法は、皆さんもファスナーのスライダーが本体から抜けてしまった時や、短くしたい時にも役立ちそうなので、ご紹介しましょう。 やり方はスリーステップ<写真下参考>。 必要な道具は「ニッパー」のみ。 レール部分を業界の人は「ムシ」と呼んでいますね。 漢字で書くと「務歯」。覚えておくと、トリビア的な話題になるかもね〜<笑> 再度抜け落ちないように、両端の切り口を糸で固定しておくことを忘れずにね!!

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 夏休みにスウェーデンを旅行された生徒さんからいただいた、ランプシェードの写真、写真、写真・・・・。現地の美術館で特別企画展として取り上げられていた「ランプシェード展」のものだそうです。1920年代〜現代まで様々な形が見て取れます。 歌は世につれ、世は歌に連れ、ではありませんが、ランプシェードの形も時の流れによって変わっていきます。

 

さて今回は、その歴史を少し紐解いていきましょう。私の持っている本『SHADES OF LIGHT』によると、 イギリスの家庭で使われていたオイルランプ。1893年に白熱マントル(※)と呼ばれる発光体が導入され、より一層の明るさがもたらされたが、逆にその炎の眩しさと目の損傷への懸念から、シェードが生まれたとあります。 また光を適度に散乱させる素材として、シルクが使われていたそうです。 

下の写真は、17Cからのイギリスのインテリアの変遷を垣間見ることができるJeffery Museum所蔵シェードのカタログです。この博物館には一度行ったことがありますが、あまり知られてないかと思います。ロンドン郊外にありアクセスが不便なのでインテリアに興味がある方でも、なかなか訪れる機会がないかもしれません。 

 

※「マントル」とは、オイルランプに使われていて、化学塩の混合物が含浸された絹または綿の編地でできているもの。電球で言えばフィラメントの役目を果たす。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0)

UFキャッチャーならぬ「ボビンキャッチャー」。その名の通り、ミシン糸本体に「ボビン」をキャッチ、固定しておくものです。普段私は、釣り具の疑似餌を入れておくプラスチックの箱に入れています<苦笑>。 ボビンの厚みと箱の厚みがピッタリなんです!! 

◆ しかし、頻繁に作業をしている時は、ボビンキャッチーと呼ばれるプラスチックのひょうたん型をした小さなものを使って一緒にしておくと便利ですね。 10年前に初めて見た時、感動しました。 どこかに転がっていってしまうボビンを捕まえておくボビンキャッチャー。 6個入り/300円。ユザワヤさん等の手芸店で購入できます〜。 でも、もう既に皆さんご存知だったかしら!?

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0)

💛只今「夏のタッセルネックレス特別講座」ご案内中→ 詳細はこちらから

 

◆ タイトルにあるように、タッセルの木型部分を糸で巻くことを、当教室では「巻き玉」とは言わないんですよね〜。 新しく入学していらっしゃる方は、そのような言い方をされる傾向が・・。 出版されているタッセル作りの本の類がそう表現しているからでしょうか・・? これは、呼び方の違いだけの話ではなく、根本的に木型に糸を巻くそのメソッド(方法)が異なります。正式には「Mould Covering」または「Satain」と言います。

◆ よって、制作後の結果も当然異なるんですよね〜。紐を通すための穴を裏側から覗けば一目瞭然。 この方法だと糸を全体にぐるぐる巻く「巻き玉方法」と違い、穴の中を糸でふさいでしまって紐が通らない・・、なんてことには決してならないんです。海外でタッセル作りを学んだという方ならご存じのはず。木型を巻く基本中の基本メソッドのひとつです。 

外見だけみたら同じように見えるタッセルでも、他教室のそれとは全く異なることを認識していただけたらなぁ〜と日頃から思っていることをちょいと書いてみました・・<苦笑>。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0)

※※只今、夏のタッセル特別講座を案内中です。

 

◆ 今年から、一年に4回ハサミ研ぎ月間を設けておりますが、2回目の〆切は6月20日です。生徒の皆さん、来週までにお出しくださいね〜。 シャープなハサミは、気持ちいいものです。 次回は9月になりますね。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0)

ランプシェード作りのワークショップを下記日程にて開催します。 シェードを作るだけじゃなく、ベースもついてます。 もちろん、製図方法もレクチャーに含まれていますので、とってもお得!!  皆さまのご参加、お待ちしております

【実施要領 】
実施日:  6月  3日(土曜日) 午後13:30〜16:00 (2.5時間)  一回で完了。
       6月22日(木曜日)        同上

                 7月21日(金曜日)             同上
 ◆ アジェンダ 

 13:30〜15:30 ランプシェード制作
 15:30〜16:00 図面作成ミニ演習 (小さなサイズでの模擬演習)
◆ 募集要項: 各回定員5名
 一般の方どなたでもご参加できます。教室受講生方々のご受講も実施日にてお願いします。
◆ サイズ: 全体高さ50cm
◆ 費用: 特別講座用材料費一式7,000円、受講費:5,900円(2.5時間) 合計: 12,900円 (税込)
     (材料費には、電球は含まれません。お好きな電球色を自分でご購入ください)

 

※ 受講生の方々の受講費は、回数券の使用はできませんのでご了承ください。
※ 「オリジナルランプベース」での作成も可能です。受講費は同じですが、材料費(電球付)や布等が変わりますので、ご希望の方は別途お問い合わせください。

◆ 持ち物: 工作用はさみ、布切りハサミ、30cmものさし、筆記用具(鉛筆、消しゴム)、 お持ち帰り用袋
◆ 申込方法: ご希望日の一週間前。お申込・お問合せはこちらから。事前のお振込先をご案内します。

 

 

 

 

ソフトファニシング、タッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0)

◆  GW中のいち日は、洋服の入れ替えや、日頃気になっていた台所回りの掃除をしようと思い、100円ショップで買ってきた電解水パワーシートを使ってみた。 あまり期待していませんでしたが、これは素晴らしい!!  二度拭き要らず、ベトつくこともなしの袋の表に書いてある通り。

◆ とかく台所では、手が汚れている状態で物に触るので手あかが着くのは避けられませんね。 久びさに「お〜、これはいい」と思わず独り言がでた感動商品に出会えた。 お掃除が楽しくなりました〜<苦笑>。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

 

| 知っ得知識 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 海外ドラマ「CSI」を観ていたら、マルバタイジングという言葉が出てきた!? 新語である。 調べてみたらどうもMalicious<悪意のある>と、Advertising<広告>を掛け合わせたものらしく、意味はその名の通り"悪意のある広告"と言う意味らしい。ドラマ内容もまさしく製薬会社のネットで薬剤を購入しようとすると、そのまま悪質サイトに誘導され、偽物の薬剤を購入させられるのを調査していくというドラマでした。 そういえば、以前のコラムでネット上の新語をご紹介しましたが、今後も新語の増加も含め、インターネット状の犯罪は拡大していくのかもしれません。 変だな、と思うアドレスはクリックしない方がいいんだな、と思いました。

 

◆ 時にはとても便利なインターネットですが、????とはてなマークがつくような情報も横行していると思います。タッセルネタで気づいたことひとつ紹介しましょう。"作ったタッセルの糸の癖直し"のベストアンサーが選ばれたのが→これですかぁ〜!? 霧吹きでたっぷりと水を噴きタオルの上で押さえて・・・・????   経験済みの私の意見ですが、こんなことをしたら糸の艶が無くなり、ボロボロになりますよ。 自分でやってから書いたのか疑問が残る答えだと思いますね〜。蒸気でやるのが一番ですよ。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 若者の海外留学離れが進んでいるニュースを聞いたことがありますが、留学はさておき、現代の若者もまだ見ぬ国に憧れる人たちは沢山いることでしょう。先日電車の中で横浜美術館展の予告広告<ファッションとアート 麗しき東西交流2017年4月15日〜6月25日>をみかけました。 その写真を見て「あれ〜、どこかで見たようなドレス柄だなぁ〜」と思い記憶に残りました。 そうです、私が保有している生地サンプルで、仏マニュエルカノーバス社の生地の柄にそっくり!<写真下>

 

◆ 明治以降、日本の美術品や焼き物が輸出され、西洋ではジャポニスムのブームが起こり、また日本も急速に西洋文化が取り入れられたのは、皆さんもご存知の通り。 写真に掲載したインテリア生地に見られるように、この21世紀においても遠いフランスで、再現されているとは驚きです。当時日本ではドレスへ、そして西洋では現代にその柄が生かされたりと、自国にないものへの憧れは、きっと永遠に続くのかもしれません。

 

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 知っ得知識 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ ご好評をいただいてます「タッセル用レーヨン糸」に新しい色が仲間入り。 幅広いグレー色の中から選択した、若干ベージュがかったMouse Grayです。 みなさまの糸ストックに是非加えてくださいね。 よろしくお願いします。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0)
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内