イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 53 ブラインドのヘディングデザイン | main | vol. 54 ロンドンブラインド >>
※ 「手づくりカーテン用タッセル」の記事はこちらから

■ ほぼ間違いなく、ほとんどの皆さんは言う。「カーテンは高い!」そうですねぇ〜。 思わずうなずいてしまいます。 ひとつの大きな窓を例にしても、確かに生地分量もザクッと10m。 それに掛けることの生地単価、加えることの縫製代。窓数によっては、あっという間にウン十万〜の単位を超えてしまうオーダーカーテン。

■ そこで「カーテン手作り」。下の写真はイケアの生地を使用した「ロンドンブラインド」です。エプロンを作ろうと思って購入していた生地を転用しました。

・使用長さ1.5mで1,500円 (完成サイズ幅90cm)、M単価1,000円は、ヤスッ。
・赤いリボンに使った生地2mで1,300円、
・裏地(もちろん付けます!!) 1.5mで2,000円、合計4,800円なり
こ〜んなに安く素敵に仕上がります。(※取り付け機材は含まず。今使用中のものを使えば0円)













■ しかし、高い生地はやはりそれなりの風格を持ち、とっても素敵ですし、お部屋の品格さえ左右しかねません。お客様をお招きするお部屋、寝室、子供部屋、階段踊り場、台所、洗面所等、カーテンを必要とする場所は沢山。 部屋別に「オーダーカーテン」と「手作りカーテン」を分けて考えるのもひとつも手です。それに、きちんとした作り方を習得すれば、様々な構造(!?)が見えてきて、きっと大きな収穫にもなることでしょう。

■ 皆さんのカーテン手作りへの挑戦、サポートさせていただきますッ!!


| 作品あれこれ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内