イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 37春の一日、そして春の色 | main | vol.39 「色」はオモシロ、楽し、そして難しい >>

■ 桜咲くこの季節は、ものみな新しく始まる時期でもある。一戸建てから憧れのマンション暮らしをスタートさせる方からご依頼されたカーテン。 授業の合間をぬって一週間で納品。(写真)  ご本人の大好きなプロバンス風、ということでご本人が選んだ生地が持ち込まれました。Les Olivades (レゾリヴァード)のファブリック。 黄色の色は何とも言えず落ち着いたカラーです。とっても大人のプロバンス! 素敵な作品に仕上がりました。















 

 


■優しさを出すために「バナナ・タイバック」のデザインをご提案しました。しかも、縁にはパイピング付き。イギリスでは通常よく見られるデザイン。もちろん、教室でもお教えしています。



 

| 作品あれこれ | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/942424
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内