イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol.1075 トリニティカラーのタッセル | main | vol.1077 NYメトロポリタンのオペラ、もうひとつの鑑賞方法 >>

◆ ビーズ教室をやっている友人がフランスで買い付けた「シャネルのアンティークボタン」。  2〜3年前に少量を分けてもらってから、その間ずっと箱の中で眠っていたのてすが、先日突然「そうだ、こんなデザインがいいかも〜」と思い立ったち、初のビーズ刺繍に挑戦です。 3cmのボタンの周囲にひたすらビーズを刺して、5cmに拡張しただけですが。

 

こんな作業は、本業から離れての完全に私の息抜きの世界。 完成目前にして、最終の円のところに使ったスワロフスキーの数が足りず、作業中断。 今回初めてビーズ刺繍に挑戦してみましたが、ひとつひとつビーズを拾っていくこの作業はとっても大変。 息抜きの割には疲れた〜<苦笑>。 でも、お気に入りの一品に仕上がりそうで、ニンマリです<笑>。 デザインのひらめきは、コンビニのレジに並んでいた時に見かけた「ナビスコのオレオクッキー」、な〜んて言ったら笑っちゃいますよね!

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1035509
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内