イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol.990 ティーコージー | main | vol.992 自国にないものへの憧れ >>

◆ 2006年から書き始めたコラム。番号を振りながら書いていたので、このまま続けていくと今月にはきっとvol.1000を超えることに気が付いた。 足掛け11年、友達のアドバイスもあり、途中から一応応目標は、二日に1件書こうと思っているのだが・・・なかなか思うようにはいってませんが<苦笑>。

 

さて、問題は1,000以降どうやって番号を表現するかなぁ〜とふと考えてしまった。そのままvol.1001としてもいいのだが、なんか冗長な感じもする。そこで思いついたのが、Kで表す方法である。 サラリーマン時代、飲みに行って割り勘の場合「女性は3K, 男性5K」なんて表現していました。 この表現はコンピュータ会社の風土がそうさせていましたね。 ちなみにさまざまな場面で、下記にような表現を使用していた記憶があります。vol.1001は、vol.K01と表現するかな〜、それとも普通に番号をふるのか、どうするかちょっぴり迷ってます<笑>

  • K (千)    =1,000 <thousand>
  • M (百万) = 1,000,000 <million> ここまでは絶対にいかないね〜。
  • G (10億)  = 1,000,000,000 <billion>
  • T (一兆) = 1,000,000,000,000 <trillion> 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1035418
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内