イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 690 2015年直木賞小説 | main | vol.692 切るべきか、切らざるべきか、タッセルの房 >>

◆ 手作りタッセルの場合、同じタッセルとは言えど、その作り方はイギリスとフランスでは異なります。 特にスカート、ラフの作り方は完全に異なることをご存じの方は、稀でしょう。 当教室はイギリス式でお教えしています。

 

◆ 一昨年フランス某所で一週間の研鑽を積んできた時の写真 (私の足、ちょっとお恥ずかしい限りです。)です。 久々にiPadの中の写真を見ていたら出てきたので、ご紹介しましょう。 その違いは手でワイヤーを繰るか、ボード類を繰るか、の違いです。 最後、見た目の結果は同じですが、やってみると微妙な差が出ると感じました。  完成したタッセルは、外からみてもなかなかその作り方の過程はわからないもの。 きっと日本式というのもあるかもしれませんね・・・。

 




JUGEMテーマ:JUGEM
| 知っ得知識 | 08:28 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
Best Buy Progesterone With Free Shipping With Doctor Consult <a href=http://cialibuy.com>пїcialis</a> want to buy real isotretinoin Albutrol Kamagra En Farmacias
| LesDoky | 2018/04/08 1:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1035103
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内