イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 561 配達牛乳 | main | vol. 563 夏のタッセル特別講座実施のご案内 >>

◆        靴を見ようと何気に入ったお店で店内を回っていたら、不思議な感じのバッグが目に入り、よくみたらその素材は、空き缶のプルトップ。 よ〜く見ないとそれとは気がつきません。 これぞ究極のリサイクル・エコと呼べるのではないかしら。 イタリアDELALEO社のものですが、今ワールドカップで話題ホットな「メイド・イン・ブラジル」。 パンフレットの説明によると、Salvador de Bahia地区の貧困の人々が収入源としてプルトップを回収、洗浄、乾燥、糸で編んで製品を作っているとのこと。 アーティステックな面白さとデザインが気に入り、つい衝動買い。

 

◆      先日バッグを専門に扱っている方と話をしていたら、ご存知無かったのでWeb検索時のキーワード(プルトップ バッグ ブラジル)を教えてあげ、私も出てくるかな〜と思い、引いてみたら、まぁ出るわ、出るわ・・・・わんさか!!  日本語で作り方さえ書いている素人の方もいてビックリ。 プルトップのリサイクルはもう珍しいものではないんですね〜。 今回は、ファション通信のような内容になってしまいました<苦笑>。






JUGEMテーマ:アート・デザイン


 
| 日記いろいろ | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1034956
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内