イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 570 巾着ポーチ、第二弾 | main | vol. 572 トワレ・ド・ジュイ生地とティーコージー >>

◆        制作をお願いしていた、シャンデリア用ランプシェードのフレームが届いた。 箱を開けたら、上部のリングフレームが隊列を組んで並んでいて、その形にビックリ<写真>。 早速、型紙にあわせてチェック。 やはり型紙とはほんの少し誤差が生じているが、その分の型紙を修正し、本番である。 後はひたすら8個のシェードを作るだけ。 ウッキッキ〜、盛り上がっているのは私だけです<苦笑>。 

 

◆     シェードのフレームリングは、電球に直接かぶせる「キャッチ式」や、海外のシェードによく見られる電球の下にセットする「ホルダー式」、「」アーム式」などがありますが、今回オーダーしたのは、キャッチ式。 フレームもオーダーできるんですよ。 ご相談されたい方はぜひどうぞ。 お待ちしてます

            




JUGEMテーマ:JUGEM
 
| 知っ得知識 | 12:28 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
突然失礼いたします。
教えて頂きたいのですが…
シェード用のフレームはどちらの業者様に依頼すれば作ってくださるのでしょうか。
| こいそちあき | 2019/04/09 11:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1034942
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内