イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 433 フランス到着、滞在アパルトマン | main | vol.435 フランスでタッセルキットを買いました >>

【パリ日記No.2】

n         前回ご紹介のアパルトマンのお部屋の調度品類としてしつらえてあった、フィリップ・スタルクのデザインした製品をピックアップしてみました<下写真>。 ダイニングの椅子、TVチューナー置きの小さな椅子、テーブルスタンド、照明の傘、テーブルランプ等、ポリカーボネイトでできたフィリップスタルク氏デザインのものです。

 

n         彼はフランス人のデザイナー。 名前を知らなくても、日本のアサヒビールの象徴的な建築を手がけた人と言えば、きっとこの名前を忘れることはないでしょう。 アパルトマンのオーナーさんも同じフランス人として、彼に敬意を表して家具を入れたかどうかは不明ですが、古い建物、古い家具にエアリーなデザインがとても良くあっていて、感心しました。 私の好きなティストのひとつです。
        


JUGEMテーマ:JUGEM
 
| 日記いろいろ | 20:42 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
先生^ ^こんばんは。
今日は、キラキラフランスの風をレッスンに運んでくださりありがとうございました^ ^
お土産のチョコレートも最高な口溶けで幸せ感じる美味しさでした♪
フランス紀行楽しみに拝読させていただきま〜す☆
| ブリランテy ゆみこ | 2013/06/11 10:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1034763
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内