イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 186 ドア・ストッパー | main | vol. 188 タッセルの全体構造 >>

n         タッセルの研究科のカリキュラムもあと残りわずか、というところまでこられた生徒さんがご自分で作られたカルトナージュの箱にタッセルを組み合わせた作品。 応用編ですね。 

基本的にタッセルは「房」ですが、相談を受け箱を見せていただいた時に、使われている生地がとてもポップな雰囲気なので、あえて房をやめ、こんなデザインをアドバイスさせていただきました。 もちろん、色選びも含めすべてご本人が作られました。 ケーキ用カトリラー入れとのこと、とてもキュートな感じに仕上がっています (パチパチ!!)
 

 

n         カルトナージュも主に布を使われると思いますが、その生地のデザインや色、雰囲気によってアドバイスも変わってきます。 今回ご提案しました飾りは、タッセルのさまざまな装飾類の一部で、仏語でBoulesという名前のものです。 それらの紐を全部まとめた糸飾りの色合いも素敵です!!

        
































JUGEMテーマ:JUGEM

 
| 作品あれこれ | 18:24 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
おはようございます。
生徒のKIです。
いろいろとアドバイスを頂き、生地にあった素敵なタッセルが出来上がりました。ありがとうございます。

カルトナージュを始めてからタッセルに興味を持ち、
ワークショップ、キットの購入etc.いろいろ作ってみましたが、
何かと疑問が残り消化不良をおこしていました。
そんな時に、先生のHPにたどりつき、「もしかしたら解消されるかも・・・!」と思い通わせていただきました。疑問に思っていたことが次々解消されスッキリ。
途中、寄り道はしましたが違いも分かり無駄にはなっていないと思うことにしています。
これからも、いろいろな手法をマスターし、素敵なタッセル作っていきたいと思います。
| 生徒KI | 2012/04/06 8:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1034557
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内