イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol. 152 リユース、そしてリニューアル | main | vol. 154 チェアタッセル、タッセル使い方 その11 >>

n         街は今、セールの真っ盛り。 有田焼きの「湯のみ茶碗」を半額価格でゲット。 

 

n         20代の若かりし頃、友達の家にお邪魔し、「有田の陶器市」にも出かけた。 当時はどれがいいのかあまり良くわからないまま、ご飯茶碗を何点か購入。 お友達のお母さんに見せた時、一瞬眉が動いたのを私は見逃さなかった。「これはいいけど、これはねぇ〜。」 その時、「そうかぁ、目先のデザインにとらわれて選んじゃいけないんだぁ」と、見る目がないことをつくづく思い知らされました。 

 

n         あれからXX年。 今、この湯飲み茶碗の選択を見たらどう反応してくれるんだろうか・・・。 きっと、「あら、いいもの選んだんじゃない」と言ってくれるだろうか、そんなことを考えながら店を出た。 長い人生、良いものも悪いものも沢山見て、そして辿り着くところってあるんだなぁ〜と思います。 



        


















JUGEMテーマ:JUGEM
| 日記いろいろ | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内