イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

<< vol.115 ゴミとなるか、はたまた・・・!? | main | vol.117 パスマントリー vs トリミンク゛ >>

n         日経MJ(Nikkei Marketing Journal) 日経流通新聞の9月16日(金)発行、「ヒットの予感」紙面(20面)にタッセルが特集されています。 取材を受け、当教室の生徒さんも登場し、習ったタッセルを様々な形で楽しまれている様子が掲載されています。 

また当教室で学ばれ、現在、コミュニティクラブたまがわで講師として活動をされている方の教室風景も掲載されています。













 

 



 

n         この紙面は、ブームになるかもしれないし、そうでもないかもしれない・・そんな要素を含んでいる兆候を察知し、取り上げているんだそうです <日経、松本記者談>

MarketingのDiffusion Curve(普及度合いを表す曲線)的に言えば、Innovatorsを過ぎ、Early adoptersのレベルでしょうか・・・。 当教室の宣伝ではなく、「タッセルを楽しむ」という観点に焦点をあわせ、様々な切り口からタッセルの動向が捉えられています。

 

n         当該新聞は、主に流通・サービス業分野の企業でよく読まれているものなので、私も勤めていた時分、流通・サービス業のお客様を担当していた時期にはよく目を通していた馴染みの新聞ですが、一般的に新聞スタンドなどでは購入できないかも(?)しれないので、お近くの図書館等でご覧いただけるかもしれませんね。 ご興味のある方は是非どうぞ。





JUGEMテーマ:JUGEM
 
| 日記いろいろ | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://colum.trinityjapan.jp/trackback/1034478
トラックバック
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内