イメージ画像 コラム

ソフトファニシングとタッセル教室、インテリアデザインのトリニティ

◆ 生徒さん作「スモックヘディングカーテン」です。 ヘディング部分の高さを通常の倍にしたもの。 カーテンが長ければ、ヘディングの高さも変更した方がお部屋の中で全体バランスが生きてきます。 刺繍が大得意のMs. Ai-sanにとってこの作業は、きっと完成の途中を楽しんでいただいたのかな〜と思っております。 

 

◆ 2007年に初めて紹介して以来ずっと、人気作品のひとつです。 工業製品のカーテンではこうはいかない、手作りだからこそのイッピン〜<笑>

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 生徒さんが「新調したカーテンのためのタッセルタイバックを作りたい」とのご希望で取り寄せた材料。 ヘッドを作った段階で色が濃すぎ、急遽色を変更。 しかし、最初に作った仕掛りのタッセルヘッドだけが残ってしまい・・・<泣>。

 

◆ 材料もそのまま残っていて気になっていたので、気分一新、全く新しいデザインに作り替えてしまいました。 デザインの主要ポイントはネックに使った「四つ撚り飾り紐」と、そして紐部分も「四つ撚り」、そしてそれらを「クロン」でまとめてみました。 

タッセルタイバックの紐を中心で結ぶだけではなく、こんな方法もあるんですよ。 その他大きなロゼットを飾る方法も・・・。でもこのクロン用木型はちょっと小さすぎ、これまたせっかく作った2mもの太い紐を作り替えました・・・。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ ケーキ類で唯一買ってもいいかなと思うものは「プリン」。 イギリスでは「creme caramel: クレーム・カラメル」。オーブンで焼いて、表面の砂糖を焦がすとフランスでは “Crème brûlée” : クレームブリュレ」。 その作り方の工程は違えど、私の好きな味です。

 

◆先日自由が丘を歩いていて見つけたクレームブリュレのドーナツの看板。 最近はできるだけ甘いものに近づかないようにしているが、ついこのプリン系看板の誘惑に負けてしまい・・・<苦笑>。 でも、ドーナツひとつ324円は、ちょっとお高め!?   たがが"ドーナツ"と見なしてしまうからなのか、それとも"値段と味のバランス"を考えるからなのか・・。 その辺は皆さんの想像にお任せしますが、なんでも一度は試してみないとね。 線路を渡ってすぐ左に曲がったところにあります。

 

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ コンピュータのオープンソースである「Suse」の開発会社のマスコットがカメレオン。 前職時代に、プロモーション担当にもらったそのマスコットのぬいぐるみ。 爬虫類は基本的に苦手だが、なんか憎めない顔つきで、今でも自宅の本棚の一角に鎮座している。 

 

◆ 先日教室ビルの隣にある洋服屋さんでみかけたカメレオンのキーホルダー。 思わず「これ、かわいい〜」と思い、貯まったポイントで無料ゲット。 苦手な爬虫類もイラストっぽくなると、かわいいくなってしまうこの不思議さ!? 

背景色に合わせて体色変化をするというカメレオンは、やはりぬいぐるみやキーホルダーにディフォルメ(deformation: 変化)されるから、かわいいんですね・・・。 こそれにしてもこの「かわいい〜」と思う女ごころは、年をとっても変わらない!? ものなんですね〜<苦笑>。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 友人が修理に出していた毛皮のコートを取りに行ったら、オマケにくれたという「ファータッセル」。 白のフォックスにただチェーンが下がっているだけのもの・・・。 友人曰く「なんかつまんないデザインだよね。 何とかしてくれない〜」 タダでもらった物に文句は言えないけど、確かにシルバーチェーンがダダサいかも〜<苦笑>。

 

◆ 白は、白地のキャンバスと同じですから、どんなデザインにもできますが、友人のイメージを考えてシルバーと白でまとめてみました。 あまり華美になり過ぎず、オシャレな感じに変身させたつもりですが・・・・。  TVの住宅リフォーム番組のBefore Afterのように 「さて、このリフォーム、果たしてyuko-sanは気に入っていただけるでしょうか?」<笑>。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 今使っている傘があまりにくたびれているので<苦笑>、いつか新規調達しないと・・・、と思っていた矢先、某百貨店の売り場を通り過ぎようとした時に、バーゲンセール品の中に傘があったので、あまりの安さに思わず購入しました。

 

◆ ブランド傘、バブルの時だったら一万円はしただろうに、今やたったの3,000円。 それに軽い!!   最近はコンビニ傘も1,000円くらいするのに・・・。 しかしやはりそこはバーゲン品、気分がウキウキするような楽しい柄の傘が見つかるはずはなく・・<苦笑>。 そこで、早速タッセル飾りを付けてみました。 紺色の傘にオレンジ色のアクセント。 王道の色の組み合わせです!!

💛只今、この形と同じもので作る、季節限定トリニティ・カラータッセル」特別講座実施中です。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 昨年12月にご紹介した「トリニティ・カラータッセル」。 教室内でとても人気なのにはびっくりです!!     気まぐれに作ったものでしたが、意外や意外・・・・<苦笑>。 作りたい!と言われる方が多いので、この度「季節限定」メニューということで実施していただけるよう、準備することにしました。

 

3色をワンセットにさせていただきます。本来であれば、好きな色を好きな分だけ作っていただきたいのですが、在庫が偏ってしまうと、後半の方々に迷惑をおかけすることになりますので、その点ご理解の程、よろしくお願いします。

💛 ご希望の方は、こちらからお申込みください。→ 💛

💛 開始: 1月23日(火曜) 〜

💛 タッセルクラス生徒さん限定。

💛木型の縦巻きの復習に、そして色に魅了された方に、ポーチや傘のアクセントにと、いろいろ活躍してくれるタッセルになるでしょう。 レーヨン糸の色の変更は可能です。 ご自分のカラーに仕立ててください。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

 

| 知っ得知識 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ SFクラスとTasselクラスの両方を受講されている生徒さんからのご相談。 作られた「このテーブルランナーの端にタッセルをつけたいんですけど・・・」。 ご相談されると、今までにない斬新なものをご提案したいと、俄然張り切ってしまう私の性格<苦笑>。   作られたテーブルセンターには、シルク生地で縁取りがアレンジされています。

 

その友布のシルク生地を使用し"タッセルスカート"に、糸で作った"ヘッドのターキー"と合わさって、バランスのいい素敵なタッセルの完成です。 初めて作るものはなんでもそうですが、アイデアを形にするその過程には必ず小さな紆余曲折が付きまとうもの。 生徒さんには、もちろんそれにも付き合ってもらった結果の「教室初の布タッセル」です。 

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 今年2018年の「ハサミ研ぎ」のご案内です。 今年は下記の通り3回/年実施予定。 早速1回目の〆切は、今月1月20日(土曜)の予定ですので、ご希望の方はこの日まで教室でお預けください。 翌週にはお渡しできると思います。

  1回目: 1月20日(土曜)

  2回目: 5月19日(土曜)

  3回目: 9月20日(木曜)

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 駅で手にした「東急文化村のパンフレット」の表紙。 神聖ローマ帝国皇帝、ルドルフ2世<1552〜1612>の写真です。  1月6日から渋谷ザ・ミュージアムで開催される展覧会の案内用。 

さて今年の年末年始は、いつになくさまざまな本を読みました。その読んでいた本の中で見つけた首を飾る白いレースは、タッセルのウェストを飾るラフと同じ名前の「ラフ」と説明がありました。「へ〜ぇ、同じ呼び名なんだぁ」という思いがつい、パンフレットを手に取るきっかけに。 

◆ 16世紀〜17世紀のルネッサンス全盛期に見られるこの「ラフ」は女性男性両方の洋服に見られる特徴で、糊付けの技法が開発されたネーデルランドの「ラフ」が一番大きかったとのことです。確かに、糊付けでもしないとこんなにピンとはしないかも・・<注1>

◆ 日本の戦国時代1582年にローマ法王謁見のために派遣された「天正遣欧使節団」の4人の少年も、このラフが付いた洋服を着て帰国したのでしょうか、長崎県にある4人の銅像の首元にも見られます。 それにしてもルネッサンス発祥のイタリア各地で最新情報に触れていた日本人がいたことに驚かされます。しかし、帰国後秀吉のキリシタン弾圧により彼らの見聞が十分に生かされなかったことは、とても残念なことでもあります・・・。

 

Picture source by 長崎観光旅行ポータルサイト

<注1>『FASHION The ultimate book of costume and style』by Dorling Kindersley Book

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0)

干支タッセル<2017戌>を作る、新春2018特別講座のご案内です。タッセルデザインは、選択した犬種「ボストンテリア」の原産国アメリカをイメージしたタッセル。


【 開催要領】
◆ 申込はこちらから★ 定数に達しましたら〆切りとさせていただきます。ご希望の方はレッスン日が決定していなくても、ご希望の方は事前にご予約ください。

◆ 開催日程: 1月9日(火曜)から開始。★各自レッスンご予約日に実施してください。
◆ 受講資格: トリニティ「タッセルクラス」受講生限定。
◆ 材料費: 6,800円(税込) 

◆ サイズ: トップからボトムまで(紐除く): 17cm。皆さまのお申込みをお待ちしておりますね!!

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0)

梅 新年あけましておめでとうございます。

 

◆ 恒例の干支<戌年>タッセルとともに、新年のご挨拶を申し上げます。 昨年この<犬>フィギュアはご紹介すみですね。アメリカ原産の犬種ということで、 テーマカラーを選ぶ際に、赤、青、白とやはり国旗の色が強く印象に残り、アメリカ国旗のイメージに最後まで引きずられてしまいました〜<苦笑>。

 

◆ これまた恒例の「干支タッセルを作ろう」特別講座は、1月9日(火曜)から開始予定で準備を進めております。  詳細は後日のコラムにて。

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 小荷物で届いたクリスマスカード」と、ナンタケットバスケットをかたどったキュートな「クリスマスオーナメント」も一緒に。NENBA協会さまからです。 素敵なカードとオーナメント、ありがとうございます!! 

振り返れば、今年は1月、3月、7月、そして10月と4回もナンタケットバスケットの方々とのタッセル講座に、コラボレーションタッセルをご提供させていただきましたが、思い出に残るイベントでした。 また、ソフトファニシング、タッセルともども制作ご依頼のプロジェクトはどれも楽しく、嬉しい一年はアット言う間に過ぎ・・。

 

教室は本日にて年内の業務は終了。 (23日(祝)もやりました)  今年もコラムをご愛読いただき、ありがとうございました。 また生徒さんはじめ多くの方々に支えられ、大変お世話になりましたこと、深く深く感謝申し上げます。 

皆さま、楽しい年末休暇をお過ごしくださいませ。 私はこれから大掃除〜<苦笑>。 また来年コラムで、そして教室でお会いしましょう!!

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 年末に近づき、皆さんご多忙だと思いますが、私はここに来てやっと落ち着いた自分の時間が持てています。 週末にちょっと立ち寄った「手芸の殿堂ゆざわや」。生徒さんのどなたかが、そう呼んでいた〜<苦笑>。 そこで見つけたかわいいフランスのリボン。 ボタンの刺繍がしてあり、しかもその中間にボタンホールもついている!   カーディガンにつけたら、きっと楽しいデザインになるかなぁ、と赤と青の2色買い。使うのは1色だけどね。 こんな素敵なリボンがあることが奇跡〜<笑>。

 

◆ 当然ながら、リボンのボタンホールがカーディガンのそれと一致するわけもなく・・・。 リボン側にボタンホールをアレンジしなおし、取り付けたものは、後日ご紹介しますね。  鬼が笑っちゃう来年かな〜<苦笑>。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ シェードを制作し、窓に取り付けた写真を生徒さんからいただきました。  スマホに入っている写真を見せてもらいましたが、その写真を私宛に送る方法がわからない・・!?  

スマホのメールに写真を添付し、送るのはとても簡単。 1. 新規メール作成、2. 送り先と件名を入れる、3. 写真の添付方法は、メール画面で少し強く画面を押すと、添付するものを選べる黒い帯が出てきますので、その中の映像・写真を選んで、4. 保存してある写真を選択する、5. 送信 たったこれだけのステップを知らない人が意外に多い?  でも一度使うと皆さん「な〜んだ簡単だね」<笑>。

 

◆ これと一緒で、ローマンシェードも、1. 窓の大きさを測る、2. それに合わせて布地を裁断し左右折り曲げて縫製、3. 中間に引き上げ用のテープをつける、4. 上にマジックテープをつける。 5. 下の布も折り曲げて縫製、これで完成です。 器具の取り付け方は事前に一応説明させていただき、生徒さんのご自宅にメーカー直送の器具は、生徒さんがセット。

スマホから写真を送るのも、シェードを作るのも、やってみると「な〜んだ簡単だね」。

誰にでも、何にでも「はじめの一歩」はある。 踏み出すか否か、ほんのちょっとした好奇心が、小さな人生の分かれ道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 先日雑誌の隅に見つけた「オペラのライブビューイング」の広告。 なんと映画館で上映するオペラで、鑑賞券は3,600円。 要は、NYのメトロポリタン歌劇場で上映<2017年10月8日>されたものをビデオに録り、それを映画館で上映する仕組みである。 ひとつぶで2度おいしい〜商売とはこのことだね<笑>。 上演期間は1週間しかなく、行くかどうか迷ったが、演目の「魔笛」がとても気になり、エイッとばかりに出かけた。

 

◆ オペラ鑑賞もずいぶん長いことご無沙汰であるが、「魔笛」はこれまで何回か観ているが、好きな演目のひとつ。モーツァルトの人気曲が満載のオペラである。中でも「夜の女王」が歌うソプラノは、いつ見ても感動もの。 今回の主役タミーノの衣装は、日本の歌舞伎を彷彿されるもので、こんなところにも日本ブームの影響が!? 2〜3万円はするオペラの鑑賞代が3,600円。 この金額が果たして安いとみるかは微妙〜<苦笑>。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ 

 

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ ビーズ教室をやっている友人がフランスで買い付けた「シャネルのアンティークボタン」。  2〜3年前に少量を分けてもらってから、その間ずっと箱の中で眠っていたのてすが、先日突然「そうだ、こんなデザインがいいかも〜」と思い立ったち、初のビーズ刺繍に挑戦です。 3cmのボタンの周囲にひたすらビーズを刺して、5cmに拡張しただけですが。

 

こんな作業は、本業から離れての完全に私の息抜きの世界。 完成目前にして、最終の円のところに使ったスワロフスキーの数が足りず、作業中断。 今回初めてビーズ刺繍に挑戦してみましたが、ひとつひとつビーズを拾っていくこの作業はとっても大変。 息抜きの割には疲れた〜<苦笑>。 でも、お気に入りの一品に仕上がりそうで、ニンマリです<笑>。 デザインのひらめきは、コンビニのレジに並んでいた時に見かけた「ナビスコのオレオクッキー」、な〜んて言ったら笑っちゃいますよね!

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 探し物をしていたら出てきたプラスチック製の「花びら」。 アクセサリーパーツ屋さんで買ったと思うけど、購入した時に何に使おうとしたか、すっかり忘れてしまいました????? <苦笑>  これを眺めながら、ふと浮かんだデザインでタッセルを作って見ました。 

 

◆ 完成です!!    この花びらの部分を作ろうと思えば、作れないことはありません。 でも、とっても時間がかかる・・・。使えるものはなんでも利用可デス。 こんなパーツを活用すれば時短ですね。 オリジナルデザインのタッセルの完成。しかも、完成したタッセルの色は、なんとトリニティのロゴカラーになっているじゃ〜ありませんかぁ〜<笑>。きっとこんなイメージを持っていたのかしらン・・!?  

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 下の写真は、イタリアでルネサンス美術隆盛時のフィレンツェ派、ジョヴァンニ・ベッリーニによって描かれた(1501〜02年頃) 絵画<<レオナルド・ロレダンの肖像画>>です。 ロンドンのナショナルギャラリーが所有するものですが、そのガウンの金糸1本1本までもが見えるような精緻な描き方は、思わず見入ってしまいますよ。 さて、今回は絵画ではなく、彼が着用している典礼的な衣装のボタンに注目してみましょう。

 

◆ 私が所有しているパスマントリーの書籍にも同じこの写真の掲載が。 このボタンタッセルもガウンと同様、金糸でできていると説明されてます。 隣のページ隅に、ドングリの形をしたパスマントリーが紹介されていて、これと同様のものがガウンを飾っているか、定かではありませんが。 15世紀のその昔から「どんぐり型」のパスマントリーは確かに存在していたことがお分かりになっていただけたのではないでしょうか。 それにしても、いろいろな形をしている・・・。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 来年の干支は「犬」。 その準備にまずは犬選び。 その犬種の選び方ひとつで、タッセルのデザインが大きく変わってしまうことは、皆さんも想像できると思います。 社団)ジャパンケンネルによると、その公認数は196種とのこと。 はてさて、今回はどんな干支の犬を選ぶか、とっても迷いましたが・・・、選んだ犬種は、"ボストンテリア"です。

例年、"干支主役の題材"はお見せしていないのですが、選んだ基準も含め、少し予備知識を持っていただいてもいいかな〜と思い、ご紹介することにしました。

 

【ボストンテリアを選んだ理由】

アメリカ原産の犬種。ネットで調べたら「タキシードを着たアメリカ紳士」と呼ばれるスマートさと、賢く寛容、そしてやんちゃな性格という説明がとても気に入りました〜<笑>。 先日、自由が丘でフレンチブルドッグの散歩をしている方を見かけ、「ボストンテリアですか?」と聞いたら、その違いを丁寧に説明してくれました <苦笑>。参照:フレンチブルドックとボストンテリアの見分け方

どんなタッセルができるか、新春をお楽しみにね〜。

もちろん、事前のご予約も可能です。 来年1月のご案内になると思いますが、お申込みはこちらから。<タッセルクラス生徒さん限定> 。

Picture source

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0)

入学して3つ目のタッセルカリキュラムが終了した生徒さんの作品「タッセルイヤリング」です。 レーヨン糸を使ったスタンダードタッセルが作れるようになります。 このタッセルはとても幅広く活用してくれる基本中の基本タッセル。 今ちまたで大人気の「タッセルイヤリング」も簡単にできますね!!

 

◆ お友達と食事をする時に付けていったら、早速「私にも作って〜」とリクエストを受けたとのこと。ショートヘアにとっても似合ってます。 Ms. Maki-san、写真モデルありがとう!!

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 教室前にある緑道には、毎年恒例の大きなクリスマスツリーがお目見えする。 今年は昨日の土曜日がその日ということで、お昼に外にでたら、緑道は大賑わい!!   その中に誰でも参加できる「小さなクリスマスツリーを作る」コーナーを見つけ、ランチ帰りに飛び入り参加<笑>。

 

◆ 見渡せば、作っているのは小さなお子ちゃまばかり。 むむっ、ホントにいいのかぁ〜と思いつつ作業続行。松ぼっくりをツリーに見立てたものに、糊でビーズをくっつけるだけの10分程度の街頭ワークショップ。 とってもかわいくできて、私もちょっぴり童心に返らせてもらいました〜<苦笑>。 

※産業能率大学の学生さんのボランティアとのこと、ご苦労さまでした!

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0)

"トンボ玉"の作り方教室に通ってらっしゃる生徒さんが、箱一杯の作品をご持参。 これを生かしたタッセルを作りたい!とのご希望で、お預かりしたトンボ玉のひとつで、サンプルタッセルを作らせてもらいました。 もちろんこれ以外のデザインの応用は、沢山ありますが・・・。

 

◆ 使った糸は、すべて店頭販売しているレーヨン糸。 これから寒い冬だと言うのに、イメージは夏の海。 スカートには、深海を思わせるカラー配色になるよう、4色を用いて深い色味を出してみました<う〜、さぶ>。 それにしても、背景に使った生地のサンゴ柄がマッチしてます。 ハギレコーナーにて、これまた販売中で〜す<笑>。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ クッション制作をご依頼のお客様に昨日お渡しした作品。「アンティーク」であるという生地を持込みされたものは、円形の中に壺に飾られた刺繍の花々の印象は、アジアンチックな雰囲気。

 

◆ 刺繍の楕円形に合わせ、ヌードクッションも発注。 生地とともにご持参されたブレードは、アクセントに縦使いさせてもらいました。裏側生地には、表地の縁に刺繍されたものを同じように、刺繍を施してみました。 頼まれてもいないのにデス・・・<苦笑>。 どこでやめるのか、どこまでやるか・・・なかなか判断の難しいところですが、デザインバランスを考慮したあくなき探求心の結果!? です。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0)

タッセルは当然、紐(コード)を作りますが、写真のようにねじれてしまった経験はありませんか?   教室でも最初の紐を作っていただく時に、「注意点として説明」することです。

 

さて、この原因はなんでしょうか? 紐を作った後、作品と合体させる前に余分な撚りを戻しておかないことが原因です。 撚りは、掛け過ぎたり、掛けなさ過ぎだったり、最初の段階では、加減がわかりづらいかと思いますが、掛け過ぎた場合、紐が自然な状態に戻るまで、結んだりしてはいけません。 こんな風になったら、悲しいかな、戻そうにも元には戻りません ( ;∀;)。 解決策は、作ったらテーブルの上に放置し、自然な紐の状態になるまで待ってから使うことが肝心です。 覚えておいてくださいね〜。 ネットでみかけた画像を使わせていただきました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

 

| 知っ得知識 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 教室裏手にある雑貨屋さんで見つけた陶器のかわいい「どんぐりオブジェ」。 蓋を開ければ小物入れ。キャンディ入れにして教室に置こうと思い購入。

 

◆ これを見たら、またまた頭に浮かんだのはパスマントリーの一種「ドングリ」の形です。 サクッと作って見ました。ご存じないかと思いますが、こんな形のパスマントリーもあるんですよ。 そしてパスマントリーのテクニックを使った「葉っぱ」も近々ご紹介しましょうね〜。

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ カルトナージュも長年やられているタッセルクラスの生徒さんの作品<写真>。 お話しを聞けば、カルトナージュは既に一般的な域を脱し、自由自在に作品を作られているご様子。 その生徒さんのご希望で、"えんじ色"に仕上げた上級クラスのタッセルカリキュラムです。

 

◆ タッセルのカリキュラムは、できるだけ色を選んでいただけるように準備していますが、なかなか、すべてが対象という訳にはいきません。 でも飾る対象物等や、その思い入れなどをご相談いただいた場合等、在庫を活用したり、はたまた糸を取り寄せるなどして、できるだけご希望に沿うように努力しています。 テクニックの習得目的とするカリキュラムですが、せっかくお作りいただくので、できるだけ活用できるタッセルに!!

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0)

「テーブルクロス」と「その生地に合ったタッセル」の制作のご依頼。  教室に飾ってある過去に私が作ったビーズタッセルがお気に入りとのこと。 お持ちになった生地を見た瞬間、なんとも優雅で素敵な生地!!     きっと"スワロフスキーの透明感がピッタリ" という、私の第六感<苦笑>に従って材料を入手。 

 

◆ ビーズタッセルは、いろいろなことを考慮しないといけません。 重さがあるので、むやみに本数を増やせばいいと言うものでもなく、長さと同時にその一本のリズム感をどう作るか、等々・・・、考えることは尽きません。  大きなテーブルクロスの四隅に飾ると、美しさと同時に重しの効果もありますね。 また、私の大好きなワクワク感が目の前に広がってま〜す<苦笑>。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 作品あれこれ | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 先日、「with Curtains 2017」のセミナーに参加してきた。 最初に足を運んだのが、ちょうど10年前!!   その時には、イギリスから帰ってきたばかりだったので、あまりの違いにがっかりしてしまい、それ以来ご無沙汰状態。 やはりさすがに10年の経過とともに進化もしていて、日本の生地メーカー11社の新しい情報を一気に習得でき、各社の特色も理解できたので、良かったかな。 

 

各社新作を中心に、カーテンのサンプルコーディネーション、クッションまで提案する徹底ぶり。 しかし気になる点は、カーテンを束ねる「タイバック」は、タッセルがついていようがいまいが、「タッセル」と呼ぶその説明に、私としてはちょっと耳障りだったかも。 でも、日本のインテリアファブリックス業界は、今でもカーテンを束ねものはすべて「タッセル」という認識を持っていることがわかった・・・<苦笑>。 

※参考コラムvol.926「カーテンのタイバック 英国 vs 日本

 

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 知っ得知識 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 教室に届いた「年賀状作成」のご案内。 最近は10月に入ると、いろいろなものが新しい年に向けて動き始める感じがします。 まだまだ年内やらないといけないことが山積みなのに・・・<汗💦>。

こんな動きに感化され、最近は翌年の「手帳」だけは10月〜11月にかけて切り替えるようにしてます。 中身のスタイルは、ずっと定番のものを使い続けていて、毎年異なる生地を貼って楽しんでいま〜す。 2018年のものは、お気に入りの仏PIERRE FREYの生地にしました。 ちなみに2016年、2017年はこちら。 毎年月日の流れが速く感じるのは、きっと私だけでは無いはず・・・よね<苦笑>。

 

ソフトファニシングとタッセル教室のトリニティ

 

JUGEMテーマ:JUGEM

| 日記いろいろ | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0)
最近のコラム
カテゴリー一覧
これまでのコラム
コメント

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

トリニティのご案内